アモバンの豆知識について

アモバンとは图4
アモバンとは、非ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤ですけど、作用機序はベンゾジアゼピン系の睡眠薬とほとんど同じです。即ち、中枢神経に作用して、眠りに導きます。また、今の睡眠薬はだいたい超短時間作用型、短時間作用型、中間作用型、長時間作用型という四種類があります。アモバンは超短時間作用型の睡眠薬に属します。服用後30分以内に効果が出てきます。効果の作用時間は3~4時間だけがありますから、入眠障害の方に適切な睡眠薬です。

アモバンの効果

アモバンの効果について、アモバンの有効成分はゾピクロンです。ゾピクロンはベンゾジアゼピン受容体に作用して、脳の中での情報の受け渡しに関係があるGABAという神経伝達物質の働きを強めて、脳の活動を抑えることで脳の神経の緊張をリラックスさせる作用があります。それによって入眠を促進する効果が発揮されることができます。また、他の睡眠薬と比べると、アモバンはもっと自然に睡眠へ導くことができ、正式に言えば、睡眠導入剤と呼ばれるべきです。

アモバンは睡眠導入の効果の他には、神経症、うつ病、心身症などの病気にも役立つと報告されています。注意すべきなのは、アモバンは超短時間作用型の睡眠薬として、半減期が短いので入眠障害に有効ですが、中途覚醒にはあまり効果が期待できません。

アモバンの服用方法
アモバンの服用方法について、就寝前に1日1回で、1錠7.5mgを水で服用します。即効性があり、30分~1時間ぐらいで効果が現れてくることができますから、寝る直前に服用してください。具体的な服用量は患者の症状、年齢や体質によって適宜増減することができますが、最大限の服用量は10mgで、こういう限度量を超えないでください。

他には、結核治療薬のリファンピシン、抗生物質のエリスロマイシン、抗真菌薬のイトラコナゾールなどの薬はアモバンの併用禁忌薬ですが、アモバンを服用している間、それらの薬を避けてください。また、お茶はアモバンの効果を弱めることができ、アルコールの摂取は副作用を起こすリスクがありますから、服用前、お茶とアルコールの摂取を控えたほうがいいと考えられています。

アモバンの副作用
アモバンの副作用として、ふらつき、眠気、頭重、頭痛、不快感、めまいなどの一般的な副作用はよく報告されています。ひどい場合、もうろう状態、夢遊症状などの睡眠随伴症状、一過性健忘などの症状があらわれてくることもあります。それで、アモバンを服用したあと、ぜひ自動車の運転や危険を伴う機械の操作は避けてください。

おすすめサイト:アモバンよりメラトニンはもっといいです|睡眠薬通販・JPDrug

パキシル・ジェネリックはザイダス社が製造されるキシルのジェネリック医薬品で、主成分はパロキセチンです。このパロキセチンは一度放出されてしまったセロトニンが脳内の神経線維に再び吸収されて脳内セロトニン量が減少するのを防いでくれて、シナプス間隙のセロトニン量を増加してくれるので、うつ状態やうつ病、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害PTSDなどに適用されます。

メラトニンは自然的に睡眠を促進出来、「時差ボケ防止」にも作用がある人気睡眠薬です。メラトニンは十分な睡眠を促進すると同時に、老化防止(アンチエイジング)目的でも使用される、睡眠促進剤です。