アモバンの使用方法と注意点

不眠症は通常成人1回、ゾピクロンとして、7.5~10mgを寝る前に服用しますが、

年齢と症状によって適宜増減するが、10mgを超えないでください。。

1.就寝の前に服用しましょう。睡眠途中で一時的に起こし、仕事などで活動する可能性があるときは服用を控えましょう。

薬の睡眠誘発による思わない事故が発生する恐れがあります。

2.効果には個人差があるので、少量(高齢者は1回3.75mg)からの服用をはじめましょう。

しかし、量を増やす場合は、医師と相談して慎重に服用し、10mgを超えてはいけません。

3.服用中は、自動車の運転や危険を伴う機械の操作はしないでください。

アモバンには、不安な気持ちを緩和できる抗不安作用も含まれており、不安や緊張感をほぐす作用も睡眠誘導の助けとなることがあります。

不眠の原因が精神的なものにある場合、薬の効果は感じられやすくなります。

ところで、長期使用には注意が必要です。非ベンゾジアゼピン系の薬は、従来使用されてきたベンゾジアゼピン系の睡眠薬と比べると

依存性及び耐性ともにおこしにくいと言われています。また、アモバンは精神薬ではないため、処方制限日数がなく約3ヶ月ほどの長期の処方も可能です。

しかし、睡眠薬は依存性がある薬ですが、使用方法を誤れば重篤な副作用につながる危険性があります。

睡眠薬の使用は医師の指示に従って用法用量を守って服用してください。