不眠症の原因と対策

不眠症は寝つきが悪い、眠りを維持できなく途中で起きてしまう、早朝に目が覚める、眠りが浅く常に眠った感じがしないなど眠れない症状が続くことになります。さらに眠れていないため昼間に眠気を強く感じ、集中力が低下して疲れや体調などに不良が起こる症状もともないます。

心身ともに健康を保つためには、きちんと睡眠の時間を確保し、質の良くして日常的な生活の改善や大きなストレスや不安を抱えている場合、解消しなくてなりません。日本の社会では、約5人に1人の20%程度の方が、悩んだり、20代~30代の若年層から始まり、年齢を重ねればさらに増加し中高年層は急増する状況で、男性よりも女性のほうが多いとされています。

★不眠症の原因

不眠症は、自律神経系の病気であり、交感神経が極度に興奮状態にあるために引き起こされます。主な原因は、心理的原因、身体的原因、精神的原因、薬学的原因、生理学的原因などがあります。

心理的原因とは、何らかによるストレスです。多くの場合は、仕事や対人関係にあります
身体的原因とは、身体の病気や症状が原因で起こり、外傷や発疹、関節痛など色々あります。
精神的原因とは、不安があったり、うつ病が原因になるものが多いです。
薬学的原因は、アルコール類、カフェイン類、タバコに含まれているニコチンの摂取によるものです。
生理学的原因は、旅行や出張による、時差ぼけや昼夜逆転の生活が原因となっています。

★不眠症の対策

これらのほとんどが日常生活の改善により不眠症を改善することができます。しかし、不眠症の症状が重度の場合は睡眠薬を使う必要がでてきます。

有効なお薬としてアモバンという薬をご紹介していきます。このお薬は不眠症治療の薬の中でもかなり効果が強いお薬となっています。服用して20分くらいで眠気がきて、ほとんどの人が30分ほどで眠りについてしまいます。なので、服用タイミングは必ず寝る前に服用して下さい。服用後に、何かをすると眠気が強いためふらついらりして転倒の恐れなどがあります。錠剤タイプで、割れ目が入っているのが特徴で、半分だけ服用することも出来ます。半分の服用でもかなり強い効果がでます。

高い効果が見込める反面、このお薬の弱点は毎日使う事によって効果がすぐになくなってきてしまいます。連用することには全く向かず、服用期間は長くても1ヶ月程度にしておく必要があります。もう1つの特徴としては服用すると口の中が苦くなります。苦いものが苦手な方は、違うものに変えた方がいいかもしれません。