健康に対して睡眠の重要性

現在、不眠で悩んでいる人が増えています。眠るために睡眠薬などのお薬やお酒などを使う人もほとんどの年代で増えています。睡眠は疲労の回復のために重要なことで、健康に繋がっています。

脳は体の2%程度の重さしかないが、エネルギー消費量は体全体の約20%もあり、膨大なエネルギーを消費する器官です。多大な情報処理した脳は眠ることによって初めて休むことができ、機能を回復するのです。だから、人は1日約8時間睡眠をとります。

睡眠不足による注意力の低下、脳の血流、活動の低下、疲労感の増幅だけではなくて、健康にも影響してしまいます。血圧の上昇や免疫力の低下など、様々な疾患の原因にもなるかもしれない。

昼間に蓄積した疲労は適度の睡眠によってほぼ回復できます。疲労を回復するには睡眠は必須なのです。

若いときは8時間でも平気で眠れたが、年をとるにつれて睡眠時間は自然に短くなってきます。また、睡眠時間は季節的な変化もあり、秋から冬にかけては長く、春から夏にかけては短くなるのが普通です。ですので、8時間まで寝ないと睡眠不足というわけではありません。昼間に活動的な時間を過ごせているなら、睡眠不足ではないと思ってよいでしょう。

睡眠品質を保つためには、規則正しい生活リズムを整える必要があります。また、日中の運動による軽い疲れは熟睡をもたらします。ウォーキングのような軽めの運動を習慣化しましょう。睡眠は健康に繋がっているので、睡眠品質を改善しましょう。